ブログトップ

穴のあいた青年

hujinokun.exblog.jp

社畜をにくむ社畜はまさにダークヒーロー

今日は有給休暇を取っていたので、昨日の祝日と合わせて僕は4連休だった。
特に用があったわけでは無かったが実家に帰った。
土曜と今日は、それぞれ移動に6時間かかったので、移動の記憶しかない。
更に電車内で発泡酒を飲んできたので、余計に記憶があいまいだ。

昨日は、12年ぶりに高校の前の商店街を歩いてみた。
雪がちらつく中で寒かったが、覚えているところ、覚えていないところ、
変わったところがあり、面白かった。暖かくなったらまた来てみよう。

高校の頃、あれだけ遠いと思っていた距離が、今歩いてみるとそうでも無い。

小さいころは、友達の家まで歩いていくのにものすごく長かった記憶があるが、
中学生になるとその距離は長くは感じない。

高校の頃長かったと思った距離を、30歳になった今歩くと長く感じない。

いつか、死ぬまでには大学で住んでいた街に行ってみよう。

―――――
昨日はその過程で軽く走った。やはり僕に足りないのは運動だ。

食事と運動、睡眠を最適化すれば、今よりは健康になれる。
僕の場合は運動が足りていない。睡眠も平日は足りず休日は寝すぎている。
食事は、一度の食事で大量の栄養を摂り過ぎていてアンバランスだ。

今の日本の若者の大半は、物質的(栄養的)には満たされていても、
半分糖尿病のようなものだ。きわめて不健全な状況だと思う。
たちが悪いのは、物がない時代に比べて、物がある時代というのは
物質の過剰によって病気になっても、それは自分のせいということだ。

物質への欲求と、自己実現できないかもしれないという不安に打ち勝って、
運動すること、夜早く床に就くこと、食を節制できること。その上で更に
合理的に勉強すること。それらの事が出来る子供が、今の時代の勝者なのだ。

[PR]
# by hujino_kun | 2018-02-13 23:04 | Comments(0)
昨日と今日はアルコールを摂っていない。
その代り帰りにスーパーでスナック菓子を含む惣菜をたくさん買い、
夕食として食べた。たんぱく質の取り過ぎで少々気分が悪い。

アルコールもそうだが、たんぱく質も過剰にとると肝臓に負担をかけるという。
水分と塩分は腎臓に負担をかける。

ちょっと前から、たまに肝臓にだるさを感じる事があった。
もしかして肝臓に相当ダメージがたまっていて、取り返しのつかないレベルになっているのかもしれない。

ビールをやめるつもりはない。
毎日5本以上飲むという飲み方はやめて、2本くらいにしておけばいい。
その方が経済的だ。




[PR]
# by hujino_kun | 2018-02-09 21:20 | Comments(0)
けものフレンズぱびりおんにも、セルリアンは出てくるのだろうか。

二瓶勉先生にけものフレンズを書いて欲しい。

セルリアンは元々、人が作ったのではないだろうか。

フレンズは未知の物質サンドスターが作り出した生物で、それが興業として発展した。
しかし、原因は不明だがフレンズの中にはヒトに非協力的だったり、場合によっては
人に物理的な攻撃を加えるケースも出てきた。

そこでフレンズを監視、制御するために、セルリアンが開発されたのだ。
セルリアンは人に非協力的なフレンズを発見し、排除する。

しかし動物愛護団体がその方針に反対する。
セルリアンの技術を盗み出し、教条を達成するためにセルリアンを利用する・・・

その結果、セルリアンを制御できる人はいなくなり、
パークにはセルリアンと、少数のフレンズだけが残る・・・

かばんちゃんはセルリアンを制御する権限を持つ職員を探し、パークを旅する。


[PR]
# by hujino_kun | 2018-02-05 01:59 | Comments(0)
けものフレンズぱびりおんにも、セルリアンは出てくるのだろうか。

二瓶勉先生にけものフレンズを書いて欲しい。

セルリアンは元々、人が作ったのではないだろうか。

フレンズは未知の物質サンドスターが作り出した生物で、それが興業として発展した。
しかし、原因は不明だがフレンズの中にはヒトに非協力的だったり、場合によっては
人に物理的な攻撃を加えるケースも出てきた。

そこでフレンズを監視、制御するために、セルリアンが開発されたのだ。
セルリアンは人に非協力的なフレンズを発見し、排除する。

しかし動物愛護団体がその方針に反対する。
セルリアンの技術を盗み出し、教条を達成するためにセルリアンを利用する・・・

その結果、セルリアンを制御できる人はいなくなり、
パークにはセルリアンと、少数のフレンズだけが残る・・・

かばんちゃんはセルリアンを制御する権限を持つ職員を探し、パークを旅する。


[PR]
# by hujino_kun | 2018-02-05 01:59 | Comments(0)
僕が生まれたのは1987年だ。

ちょうど僕が生まれたころから、1991年ころまでがバブル経済だったらしい。

記憶がはっきりしてくる6歳以降はバブル崩壊後だ。
今思うと、バブリーとは言えないが、バブリーだったと思う。

小学生だったころ、隣の隣の町のジャスコに、母親の買い物によく連れていってもらった。
決まっておもちゃ売り場を見ていた。

たまに1回の食堂でアイスを買ってもらっていた。
当時の僕は、脂を含んだアイスが苦手で、ソフトクリームのようなものが食べられなかった。
だからシャーベットのようなアイスを買ってもらっていた。
ハワイアンブルーという、青いアイスを毎回買ってもらっていた。

帰りの車の中で食べさせてもらった。
母が運転する「ボンゴ」だ。ディーゼルでだった。当時はMTだったと思う。

---------
今はジャスコはイオンになり、おもちゃ売り場は無くなったし、
当時あったアイス売り場やパン屋は無くなってしまった。
でもイオンはあり、夏休みで実家に帰ると、僕は親のワゴンRやサンバー(軽トラ)で
そのイオンに来ることがある。

20数年で時代は変わったものの、いまだにイオンは同じ建物として存在している。
おもちゃ売り場の事はなんとなく思い出せるのだが、当時の食料品売り場がどんな様子だったのか、
思い出せない。今の売り場の事は分かるのだが。

2月中の連休にでも、また実家に帰ってみようかな。あのイオンに行ってみよう。





[PR]
# by hujino_kun | 2018-02-05 01:25 | Comments(0)